間仕切りのリフォームをする際に気を付ける事ご存じ?

一戸建ての古い住居を改築しようとする場合、よくあるのが間仕切りの変更です。

その場合に、部屋の間にある柱を移動させたり、取り除くことがあります。

昔は大黒柱と言って、住宅の重量を支える大事な柱がありましたが、今は構造材で支える仕組みになってることも多くあります。

古い住宅で大黒柱があると、それがリフォームを制限することもあるので、リフォーム業者に見てもらい、移動できるかどうかを確認します。

参考文献 空き家管理業者

リフォームを行うならば建物の構造も考えて

最初からリフォームを考えるのであれば、住居の構造も考えるべきですね。

住宅のリフォームを行う場合、もっとも大きな問題は構造です。

古い住宅と現代の建築方法では強度を出す方法が違っていることがあります。

最新の住宅と同じように中古の物件をリフォームしようとしても、構造が違うために柱を移動させたりすることが出来ないことがあります。

今は構造材で支える設計が多いので、間仕切りも少なく開放的ですが、昔の住宅は細かく仕切られていました。

設計の違いをリフォーム前に把握しよう

中古物件をリフォームする場合、設計や構造の違いがあることを理解しておくべきですね。

最近の住宅は、ユニットごとに作る方法を取ることもあるので、リフォームも区切って行われます。

つまり、バスはバスユニット、キッチンはシステムキッチンと言う風にです。

新築の場合は取り付けるそれらのユニットが決まっているので、設計段階から決まったものを入れるようになっています。

しかし中古物件の場合は必ずしもユニットが取り付けられるとは限りません。微妙な違いを埋めるために補助が必要になることがあるので、それも打ち合わせの段階で確認しましょう。